デザインも見よう

婚約指輪を選ぶときに、素材選びも大切ですが、デザインもとても重要です。
結婚指輪同様に、女性は婚約指輪も日常的につける人がいます。
デザインが好ましくないと、普段使いしにくくなります。
そうならないためにも、デザインを選ぶ段階も慎重になりましょう。
基本的なデザインとして、V字型・ストレート・S字ウェーブといった種類があります。
V字型は、手の甲に向かってVの形をしたものです。
ストレートは、名前の通り真っ直ぐな指輪で、シンプルさが人気となっています。

婚約指輪には、主にダイヤモンドがあしらわれます。
そのダイヤモンドの形も様々です。
ソリティアや立て爪・ひとつ石と呼ばれているデザインのものがあり、これが定番の婚約指輪となります。
1つのダイヤモンドを数本の爪で留めているデザインです。
プロングセッティングとも呼ばれていて、6本・4本の爪が一般的とされています。
パヴェセッティングというものもあります。
パヴェとは、フランス語で石畳・敷石という意味があり、指輪の表面に複数の小さなダイヤモンドが埋め込まれているものです。

立て爪やパヴェセッティング以外にも、様々なデザインがあります。
ベゼルセッティングやテンションセッティングといった独特なデザインのものもあります。
また、地金に直接ダイヤモンドのような宝石を埋め込んだデザインの彫り留めというものもあります。
こういったデザインの既成品がジュエリー店で販売されているので、気に入ったデザインのものを選んで渡しましょう。