素材も色々

婚約指輪は、一般的に男性が女性にプロポーズするときに購入するものです。
ですが、普段指輪を購入しない男性にとって、婚約指輪を選ぶときにどういったものを購入したらいいのか悩むでしょう。
婚約指輪には、様々な種類の素材があることを、知っておく必要があります。
婚約指輪で使われるものとして、プラチナやゴールドの素材が多く使用されています。
ジュエリー店に既成品として販売されているものも、プラチナやゴールドが一般的です。
ゴールドでも、イエローゴールド・ピンクゴールドといった種類があります。

婚約指輪にあしらわれている宝石には、ダイヤモンドがあります。
定番のデザインも、ソリティアタイプのダイヤモンドを真ん中にあしらったものが多いです。
このダイヤモンドの輝きを十分に発揮させる素材が、銀色のプラチナ素材であると言われています。
無色透明のダイヤモンドを映えさせるために、プラチナ素材が使われています。
サビにも強く、耐久性もあるので、永遠の誓いをする婚約指輪に適しています。
こだわりがない場合は、プラチナ素材を選ぶといいでしょう。

華やかなイメージのゴールドは、欧米では一般的なものになります。
とくにイエローゴールドは、セレブも多数愛用している婚約指輪です。
プラチナに比べて、ダイヤモンドの輝きが落ちる可能性もあります。
ですが、ピンクゴールドやホワイトゴールドもあるので、個性的な指輪をプレゼントしたい人には適しているでしょう。
ピンクゴールドは、日本人の肌色にも馴染むので、現在多くの人が選んでいます。