手作りもある

婚約指輪は、既製品を購入するだけでなく、オーダーメイドの手作りを渡すことも出来ます。
指輪に関して、細めのデザインがいい・太めがいい・描いているデザインがあるなどの要望に合わせて作ることが出来ます。
まずオーダーメイドの婚約指輪を依頼するときには、電話やメールでデザインや見積もりに関して相談します。
その後、要望を伝えながら具体的にデザインを決定していきます。
画像や写真でイメージを伝えるのもいいでしょう。
そして、アドバイスを受けながら製作に進んでいきます。
専門の道具を使いながら、自分で婚約指輪を作ることが出来るのが魅力です。

手作りで、婚約指輪を作る人が増えてきています。
素材によって、金額は変わってきますが、ペアで7万円前後のものもあります。
プラチナ素材であれば、10万円以下でも作ることが可能になっています。
通常既成品を購入すると、20万円前後になるときもありますが、オーダーメイドの場合、格安で作ることが出来ます。

オーダーメイドであっても、使用する貴金属は同じです。
プラチナやゴールドが一般的に使用されます。
その中から、どの素材にするのかを決めることが出来ます。
まずお店に直接行って、相談してから決めることも出来ます。
あるいは、資料請求をしてどういった指輪が作れるのかを見るものいいでしょう。
婚約指輪は、プロポーズをする上でとても重要なものです。
手作りであれば、長い間大事に身に付けてもらうことが出来るでしょう。